将来の夢はプロのeスポーツ選手 米国で高校選手権開催、大学の奨学金も

米高校生、プロを夢見てeスポーツで火花

アトランタ(CNN Business)  コンピューターゲームの腕を競うeスポーツを、高校の代表スポーツ競技として取り入れる州が米国で増えている。

コネティカット、ジョージア、ケンタッキー、マサチューセッツ、ロードアイランドの各州は2018年秋からこの制度を導入。全米州立高校協会によると、数カ月後にはアラバマなど3州が加わった。

ジョージア州アトランタに新設されたスポーツ競技場では、地元の高校同士が対戦する大会が開かれていた。

大会に出場した学校代表チームのプレーヤーはそれぞれ6人。高校が認可したeスポーツ3種目の1つ「スマイト」で、神などのキャラクターになって対戦した。

eスポーツのレギュラーシーズンは4月まで。5月からはプレイオフや決勝戦がスタートする。

市場調査会社ニューズーによると、世界のeスポーツ市場規模は2019年に10億ドル(約1112億円)を突破する見通し。eスポーツの観客は年内に4億5400万人に達すると予想している。

一昔前までゲーム競技で生計を立てることなど考えられなかったが、今ではeスポーツで家族を養うプレーヤーも登場し、生徒たちも将来の職業として目を向けるようになった。プロ選手は多額の年棒を稼ぎ、何百万ドルもの賞金をかけて大会に出場する。

ニューヨーク大学やカリフォルニア大学などはゲームで奨学金を提供するようになり、高校から大学、プロへと至るeスポーツのキャリア形成の道は、従来のプロスポーツに近付いている。

「Dr.Lupo」の名で知られるプロのeスポーツ選手、ベンジャミン・ルポさんは、ストリーミング中継される試合を700万人がフォローする。保険会社のステートファームもスポンサーとなり、ルポさんが出場する試合中継に広告を流している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]