ロナルド選手のレイプ疑惑、被害女性が本人ら提訴 「和解を強要」

ロナルド選手にレイプ疑惑、被害女性が訴え

(CNN) サッカーのポルトガル代表、クリスティアーノ・ロナルド選手にかつてレイプされたと主張する米ラスベガスの女性が、本人と弁護士チームを相手取り、和解を強要されたとする訴えを起こしたことが1日までにわかった。

キャスリン・マヨーガさんは2009年6月、ラスベガスでロナルド選手が滞在していたホテルへ友人らと招かれた際に襲われ、繰り返し拒否したにもかかわらずレイプされたと主張している。

マヨーガさんは同年、ロナルド選手側との示談に応じて和解金37万5000ドル(現在のレートで約4300万円)を受け取り、この件を口外しないことに同意した。しかし、9月28日、ラスベガスのあるネバダ州クラーク郡の裁判所で、和解合意の無効化を求める訴えを起こした。

この合意については、独誌シュピーゲルが昨年初めて報じたが、ロナルド選手側はレイプを「根拠のないうそ」と強く否定していた。マヨーガさんは、その主張によって名誉を傷つけられたとも訴えている。

シュピーゲルは28日、マヨーガさんの提訴を伝えたが、ロナルド選手の弁護士はこれについても、同選手の権利を侵害する「違法」な報道だと非難した。ロナルド選手自身も同日、インスタグラムを通して「偽ニュースだ」と主張した。

訴状によると、ロナルド選手はレイプの後で謝罪し、マヨーガさんが拒否したことを認めていた。しかし弁護士チームは、この件が刑事捜査や民事訴訟に発展するのを阻止しようと画策。表ざたにすればマヨーガさんが悪者になるなどと脅して、和解を強要したという。

マヨーガさんは口を封じられて心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患い、安定した人間関係や仕事を維持することが難しくなったと訴えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]