クロアチアが3ゴールで完勝、アルゼンチンは敗退の危機

アルゼンチンから2点目を奪った直後、喜びを爆発させるクロアチアの選手たち

アルゼンチンから2点目を奪った直後、喜びを爆発させるクロアチアの選手たち

(CNN) グループDのアルゼンチン対クロアチアは、クロアチアが3点を奪う猛攻で完勝した。初戦から2連勝のクロアチアはこれでグループステージ突破が確定。逆にアルゼンチンはグループ敗退が現実味を帯びる結果となった。

お互いに決定的なチャンスを決めきれず0-0のまま迎えた後半、クロアチアは相手GKの不用意なクリアをレビッチがダイレクトボレーでゴールに叩き込み先制した。

同点に追いつくべく前がかりに攻めるアルゼンチンだったが、クロアチアはエースのモドリッチが持ち前のスキルを駆使した鮮やかなミドルシュートを決め、点差を広げた。

ロスタイムにはラキティッチがダメ押しの3点目。失点も0に抑え、前回準優勝のアルゼンチン相手に大勝を飾った。

アルゼンチンは素早いパス交換でクロアチアゴールに迫る場面もあったが得点は奪えず。エースのメッシはボールに絡む時間が少なく、クロアチアDFのストリニッチと交錯した際に怒りをあらわにするなど、試合を通じていら立ちが見て取れた。

W杯で過去2回の優勝を誇るアルゼンチンだが、今大会はここまで2試合を戦い1敗1分け。グループリーグ突破が危うい状況に追い込まれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]