K・ペリー、19歳男性のファーストキス奪う 米オーディション番組

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

K・ペリー、19歳男性のファーストキス奪う

(CNN) 米国の人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」でこのほど、審査員の米歌手ケイティ・ペリーさんが、「キスをしたことがない」という参加者の19歳の男性に突然キスをする一幕があった。男性はこの後のメディアからの取材に「気まずかった」「ファーストキスは特別なものにしたかった」などと語っており、ネットではペリーさんの行動を批判する声も上がっている。

当該のオーディションは昨年収録したもので、12日にABCが放送した。オクラホマ州から参加した男性は、ペリーさんのヒット曲に絡んだキスについての質問を受け、交際したことがないためキスの経験はないことを明かした。

これを聞いたペリーさんは男性を手招きし、頬にキスするよう要求。男性が応じると瞬間的に顔の向きを変え、唇と唇を触れ合わせた。ひとしきり盛り上がった後で男性は演奏を披露したが、オーディションを勝ち抜くことはできなかった。

男性は米紙ニューヨーク・タイムズの取材に対し、キスを求められた状況について「喜ぶ人が多いだろうけど、自分は保守的な家族の中で育ったので、即座に気まずくなった」と振り返った。次いで「ファーストキスは特別なものにしたかった」と付け加えた。

放送されたシーン自体は出演者全員が笑顔を浮かべる明るい雰囲気に終始していたが、番組のファンの一部はペリーさんの振る舞いに対して批判的な見方を示している。ソーシャルメディアには、審査員とオーディション参加者という立場で男女の性別が逆だったら、暴行行為と受け取られても仕方がないといった投稿が寄せられた。

男性はペリーさんからセクハラを受けたとは感じていないと明言。ツイッターで自分の歌を拡散してくれたことに感謝していると話した。

番組内でのキスについては、恋愛関係にある人と交わすのが「本当のファーストキス」だと強調。友人たちからも、あれはファーストキスのうちに入らないとの言葉をかけてもらったと明かした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]