少年サーファー危機一髪?、足元に「サメ」の姿 豪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家によれば、サメが近くにいても気が付かないことも多いという

専門家によれば、サメが近くにいても気が付かないことも多いという

同教授は、少年の近くにいた生物はホホジロザメとみられるとし、体の底部が非常に青白く、鼻がとがっている特徴に注目した。

その上で、今回のような出来事の発生は人間が考えるほどまれなことでもないと説明。人間が海で大型のサメと近距離で出くわす事例は起きているが、その事実に気付かずに終わることが再三あるとも述べた。

写真を見た少年は「海中に落ちずにラッキーだった」と述べたという。ただ、翌日からまたサーフィンを始めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]