パキスタン、インド映画の放送禁止 カシミール緊張で

ニューデリー(CNNMoney) インドとのカシミール地方の主権争いが先鋭化するパキスタンのメディア規制当局は22日までに、国内の衛星テレビやラジオ局に対しインド製作の映画やショーの放送を禁止すると通達した。21日から発効するとしている。

規制当局は声明で、違反行為は放送業務の認可の一時停止で罰せられると述べた。カシミール地方では最近、両国の実効支配地周辺で銃撃戦などが発生し、緊張が高まっている。

これを受けインドの映画製作者の団体は9月下旬、両国関係が正常化するまでパキスタン人俳優、歌手や技術者を起用しないとの方針を表明。同国の映画館チェーンや複数の政党の間でも、今後公開予定のパキスタン人俳優などを使った映画へのボイコットを呼び掛ける動きが出ていた。

一方、パキスタンの映画館もインド映画の上映を拒否する対抗措置で応じていた。メディア規制当局の今回の措置は両国間の「映画戦争」にさらに拍車をかける格好ともなっている。

パキスタンの映画館の上映作品は、インド映画製作の中心地である「ボリウッド」に大きく頼っている。興行収入の60~70%はインド映画が生みだしているとの推定数字もある。

ボリウッド映画が稼ぐ総収益でパキスタン市場が占める比率は小さいため、メディア規制当局による放送禁止の措置も大きな打撃にならず、被害を受けるのはむしろパキスタン側とも指摘されている。パキスタン内ではインド製作のテレビドラマの人気も根強く、放送が禁止されても抜け道を見付けて楽しむ視聴者が出てくるとの見方もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]