サッカーのイングランド代表監督が辞任、おとり取材の発言で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イングランド代表がホームの試合を戦うウェンブリー・スタジアム

イングランド代表がホームの試合を戦うウェンブリー・スタジアム

選手の第三者保有はFIFAが昨年、FAは2008年にそれぞれ禁止した。それまで選手の移籍金はエージェントや投資者が一部を支払っており、当該クラブは全額を負担する必要がなかった。

アラダイス氏はビデオでの会話で、14年に自身の率いるクラブチームが獲得した選手も当初、第三者に保有権があったなどと話していた。

会話ではさらにイングランド代表の前監督、ロイ・ホジソン氏を「あまりにも決断力に欠ける」とこき下ろし、前監督のアシスタント・コーチを務めたガリー・ネビル氏についても「悪い影響を及ぼす人物」などと発言。イングランド代表のホームスタジアム「ウェンブリー・スタジアム」を建設したFAの判断を「愚か」な「金の無駄遣い」だったと批判していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]