ゴルフ界の「キング」、アーノルド・パーマーさん死去 87歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴルフの世界的な人気拡大に貢献した名選手、アーノルド・パーマーさんが死去

ゴルフの世界的な人気拡大に貢献した名選手、アーノルド・パーマーさんが死去

(CNN) 数々の大会で優勝を飾り、ゴルフ界の「キング」と称されたアーノルド・パーマーさんが25日、87歳で死去した。全米ゴルフ協会が明らかにした。

3歳でゴルフを習い始めたパーマーさんは、生涯で90を超えるトーナメントで優勝。特に権威があるとされるメジャー選手権ではマスターズ・トーナメントを4回(1958、60、62、64年)、全米オープンを1回(60年)、オープン選手権を2回(61、62年)制覇している。

パーマーさんが君臨した1960年代、ゴルフはスポーツとして世界的な人気を獲得した。またパーマーさん自身は、ゴルファーとして100万ドル(現在のレートで約1億円)の収入を得た最初の選手となった。

パーマーさんはゴルフの実力のみならず、そのルックスやファッションセンスの良さでもファンやマスコミから常に注目を集める存在だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]