ミス日本代表に吉川プリアンカさん、日印ハーフで象使い

優勝した吉川プリアンカさん

優勝した吉川プリアンカさん

(CNN) 2016年のミス・ワールド日本代表を選ぶ選考会でこのほど、象使いというユニークな資格を持つ吉川プリアンカさん(22)が優勝した。12月に米首都ワシントンで開かれるミス・ワールド世界大会に出場する。

吉川さんは東京でインド人の父と日本人の母の間に生まれた。ハーフの女性が日本代表に選ばれたのは、15年の宮本エリアナさんに続いて2人目。黒人ハーフの宮本さんが初めて優勝した時は否定的なコメントが殺到した。

しかし宮本さんの優勝は多くの女性を勇気づけた。吉川さんもCNNの取材に対し、「エリアナさんと個人的な面識はないけれど、ずっと彼女のファンだった。彼女に勇気づけられて勝利を目指そうと思った」と話している。

吉川さんの優勝に対するソーシャルメディアの反応は大部分が好意的だったが、中には「純日本人は、応募できないの?」などの投稿もあった。

米国やインドで過ごして日本に帰国すると、出生について尋ねられることもあったという吉川さん。しかし否定的なコメントや過度な詮索にも屈しなかった。日本も世界も多様化しつつあると感じているという。

ミス・ワールド日本事務局代表は、日本の美の基準は変わりつつあると指摘し、吉川さんは外見と社会への貢献の両方を評価して選ばれたと説明。今のところ批判的な意見は寄せられていないといい、吉川さんは日本を代表するにふさわしい人物だと評している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]