米国の10代ミスコン、水着審査を廃止

ミス・ティーンUSAで水着審査が廃止に=YouTube.com/CNNMoney

ミス・ティーンUSAで水着審査が廃止に=YouTube.com/CNNMoney

ニューヨーク(CNNMoney) 米国の10代を対象とするミスコンテスト、ミス・ティーンUSAの主催団体が、今年から水着審査をやめてスポーツウエアでの審査に切り替える方針を明らかにした。

同大会が始まってからの33年で、水着審査が廃止されるのは初めて。女性の地位向上や両性の平等を訴える風潮が強まる中で、近代化を図った。

ミス・ユニバースのポーラ・シュガート代表は、「目標を持って活動的に生きる女性を誰もが応援し、自分たちの周りの女性にもそうした生き方を促すようになった。今回の決定はそうした文化の移り変わりを反映した措置」と説明。「ミス・ティーン・USAのファンが、若い女性の強く、活気に満ちた姿を評価してくれることを望む」とした。

ミスコンに対しては、古臭いという批判や女性蔑視につながるという批判が絶えない。

水着審査はミス・ワールドのコンテストでも2014年に廃止が決定されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]