リオ五輪、「大失敗」の恐れも 州知事代行が懸念表明

深刻な資金不足が解消されなければ、大会が大失敗に終わる恐れがあるという

深刻な資金不足が解消されなければ、大会が大失敗に終わる恐れがあるという

(CNN) 五輪の開幕を6週間後に控えたブラジル・リオデジャネイロ州のドルネレス知事代行は29日までに、同国紙オグロボとのインタビューで、連邦政府に要請した支援金がまだ届いていないことを明らかにし、このままでは五輪が大失敗に終わる恐れがあるとの懸念を示した。

ドルネレス氏は「五輪については楽観視しているものの、現実を知ってもらう必要がある。素晴らしい五輪にすることも可能だが、一定の措置が取られなければ大きな失敗となるかもしれない」と述べた。

リオ五輪はジカ熱の流行やドーピング検査所の資格停止処分、犯罪の続発、ルセフ大統領弾劾(だんがい)などの悪条件に加え、深刻な資金不足に直面している。

五輪の開催費用はリオデジャネイロ市が大部分を負担するが、会場と市中心部を結ぶ地下鉄は州の予算で建設されている。地下鉄は五輪開幕の4日前に開通する予定とされる。

原油安で財政難に陥っているリオデジャネイロ州は今月、非常事態を宣言し、連邦政府に資金援助を要請。政府は先週、29億レアル(約870億円)の援助を承認していた。

ドルネレス氏によれば、この資金がないと州警察の機能はまもなく停止する恐れがある。同州の警官には6カ月以上前から超過勤務手当が支給されていない。「これまでやり繰りしてきた資金も、今週いっぱいで底をつく」という。

ドルネレス氏は、適切な警備態勢と地下鉄整備が間に合わなければ五輪期間中に「困難な問題」が生じるとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]