英ウィリアム王子、同性愛誌の表紙に いじめ根絶訴え

英ウィリアム王子が表紙の「アティテュード」

英ウィリアム王子が表紙の「アティテュード」

ロンドン(CNN) 英大手同性愛誌「アティテュード」は15日、次号の表紙にウィリアム王子が登場すると発表した。英王室関係者が同誌の表紙を飾るのは初めてだという。

表紙には笑顔のウィリアム王子の写真に添えて、「誰も性的指向を理由に、あるいは他のどんな理由でも、いじめられることがあってはならない」という言葉が掲載されている。

ウィリアム王子はこれに先立ち、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の人たちをケンジントン宮殿に招き、いじめに遭った体験に耳を傾けていた。

この対話は同誌のマシュー・トッド発行人が進行役を務め、参加者は自殺を図ったり、うつや薬物依存、摂食障害に苦しんだりした体験を告白した。

その後、ウィリアム王子は表紙用の写真撮影に応じ、「この若者たちが人生の中で耐えてきたような憎しみに、誰もさらされることがあってはならない」との談話を発表。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]