小学校にバンクシーの壁画、児童に感謝の言葉も 英国

月曜日に学校に来たらバンクシーの壁画とメッセージが=Matt Stannard

月曜日に学校に来たらバンクシーの壁画とメッセージが=Matt Stannard

ロンドン(CNN) 英イングランド南西部ブリストルの小学校の校舎の壁に6日、神出鬼没のアーティストとして知られるバンクシーの壁画が描かれているのが見つかった。同校の児童が自分たちの「ハウス」にバンクシーの名を付けたことを感謝する言葉も残っていた。

ブリストルにあるブリッジファーム小学校は、地元の英雄にちなんだ名前をハウスに付けるよう、児童に指示していた。児童が選んだのは、ブリストル出身の壁画アーティストとして有名なバンクシーだった。

学校の休みが明けた6日、登校してきた児童が目にしたのは、校舎の壁に描かれたバンクシー本人の壁画だった。火の付いたタイヤを棒で追う少女を描いた作品で、「手紙をくれたこと、そしてハウスに私の名を付けてくれたことに感謝します。壁画をどうぞ。気に入らなければ自由に書き加えて下さい。先生たちはきっと気にしないはずです」というバンクシーの言葉も残されていた。

続く1文は、許可なく壁画を書き残していくバンクシーらしい内容だった。「許可をもらうより許してもらう方が常に簡単です。愛を込めて。バンクシーより」

同校の教頭によると、ハウスの名称のことはバンクシーに手紙で知らせていたが、これまで返事はなかったという。壁画は児童に書き加えさせることはせず、そのまま保存する方針。現在、保存方法について話し合いを行っているという。

バンクシーの素性についてはブリストル出身で1974年に生まれたらしいということ以外、ほとんど分かっていない。作品は英ロンドンや米ニューヨーク、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区など世界各地で見つかっていて、非常に高い値が付くことで知られる。

本名については、犯罪者の割り出しに使われるプロファイル技術を使って「ロビン・ガニンガム」という男性がバンクシーだという説も発表されたが、確認は取れていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]