ロンドンの橋でバス爆発、映画の撮影に住民びっくり

2016.02.08 Mon posted at 10:39 JST

[PR]

ロンドン(CNN) 英ロンドン中心部で7日午後、テムズ川にかかるランベス橋を徐行していたロンドン名物の赤い2階建てバスが、突然爆発して炎上した。

実はこの爆発、ジャッキー・チェン主演の新作映画「ザ・フォリナー」の撮影のために行われた演出だった。消防隊が現場に駆けつけることもなかった。

周辺の住民は事前に通告されていて、ランベス橋が一時的に通行止めになるという看板も設置されていた。周辺には見物人の人だかりができていたという。

それでも突然響いた爆発音に日曜の静寂を乱され、驚いた住民も多数いた様子。ツイッターには「公園の子どもたちをおびえさせないよう、次にランベス橋でバスを爆発させる時は最初に教えて」「『悪趣味な宣伝行為でランベス橋がパニックに』という見出しにすべきだ」といった不満の声も寄せられた。

幸い、爆発は予定通りにうまくいったものの、住民からはこんな「間違い」を指摘する声もあった。「多分、英国映画じゃないね。211番のバスはランベス橋を通らないよ」

メールマガジン

[PR]