J・ビーバー、暴行と危険運転容疑で逮捕 バギー事故で

ジャスティン・ビーバー容疑者

ジャスティン・ビーバー容疑者

(CNN) 暴行事件などのトラブルが続いている人気歌手のジャスティン・ビーバー容疑者(20)が先週、出身地のカナダで衝突事故を起こし、相手とけんかになって逮捕されていたことが分かった。警察の報道官が2日、CNNに語った。

事故が起きたのは、ビーバー容疑者が子ども時代を過ごしたオンタリオ州パース郡の路上。同容疑者は8月29日、四輪バギーを運転していてミニバンと衝突し、ミニバンに乗っていた相手とけんかになった。警察は同容疑者を暴行と危険運転の疑いで逮捕した。

インターネット上に流れた写真によれば、同容疑者はこの日、交際相手の米女優セレナ・ゴメスさんとドライブを楽しんでいたとされる。

弁護士によると、同容疑者は父親の家を訪れて「平和な休日」を楽しんでいた。そこへ芸能カメラマンが現れ、事故当時も追いかけられていたという。

同容疑者は今月29日に同州の裁判所に出廷することを条件に釈放された。

暴行を受けたとされる相手は直後に米ロサンゼルスのグロリア・オールレッド弁護士を雇った。同弁護士は、ビーバー容疑者が同市ハリウッドの観光地で写真を撮ろうとした女性の携帯電話を奪ったとされる事件でも、被害者の弁護士を務めている。

ビーバー容疑者は今年1月にロサンゼルスの隣人宅に卵を投げた事件で、7月に保護観察処分を受けた。今回の逮捕が処分に影響する可能性もある。

このほかカナダ・トロントでの暴行容疑で訴追され、米マイアミでも飲酒運転で逮捕されるなど、トラブルが相次いでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]