写真特集:溶けた氷から遺物続々

狩りでは「脅し棒」(長さ1メートルほどの棒で、先端に可動物を取り付ける)を並べて設置し、隠れた猟師のもとにトナカイをおびき寄せた/Glacier Archaeology Program Oppland

狩りでは「脅し棒」(長さ1メートルほどの棒で、先端に可動物を取り付ける)を並べて設置し、隠れた猟師のもとにトナカイをおびき寄せた/Glacier Archaeology Program Oppland

ノルウェー北部オップランでは近年、温暖化による氷の融解で遺物が続々出現している。ここでは出土した遺物の一部を見ていく

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]