写真特集:古代ローマの「地獄の門」

2018.03.10 Sat posted at 19:26 JST

[PR]

2000年前の観光者がこぞって訪れたヒエラポリスの神殿。ギリシャ・ローマ様式の神殿の下にある洞窟はかつて地下世界への入り口とされ、人々は鳥や雄牛などの動物が死んでいくのを畏敬の念とともに眺めた。火山学者らの研究チームはこのほど、この「地獄の門」で動物が死ぬ原因は高濃度の二酸化炭素(CO2)だったとの論文を発表した

ヒエラポリスのギリシャ・ローマ様式の神殿(3次元の復元予想図)。「地獄の門」(写真右)ではいけにえの儀式で動物が死に絶えたと伝承されている。紀元前190年ごろに作られ、2013年にイタリア人考古学者らが発見した

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]