写真特集:古代マヤ信仰の源、水の洞窟を見る

2018.02.05 Mon posted at 15:38 JST

[PR]

メキシコに存在した古代マヤ文明の人々は、「セノーテ」と呼ばれる地下水のたまった洞窟を信仰の場としていた。独特の宇宙観に基づき人をいけにえとしてささげる儀式なども行ったセノーテについて、考古学者らの探索が進んでいる

岩壁に残る古代マヤ人の手のひらの痕。発掘プロジェクトを率いる考古学者のギエルモ・デアンダ氏によれば多くは子供の手で、近くのセノーテで行われた子どもをいけにえとした儀式との関連が示唆されるという

メールマガジン

[PR]