2歳児がチーズバーガー31個注文、気前良くチップも上乗せ 母のスマホ操作で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2歳の男の子が母親のスマートフォンでチーズバーガー31個を注文するハプニングがあった/Courtesy Kelsey Golden

2歳の男の子が母親のスマートフォンでチーズバーガー31個を注文するハプニングがあった/Courtesy Kelsey Golden

(CNN) 米テキサス州で、2歳の男の子が母親のスマートフォンを操作して、マクドナルドのチーズバーガー31個を注文してしまうハプニングがあった。

学校職員のケルシー・ゴールデンさんは16日、自宅でコンピューターを使って勤務先の学校の年次アルバムを作成していた。スマートフォンのロックを解除して写真をコンピューターに転送していたところ、2歳の息子のバレット君がスマートフォンをいじり始めた。

バレット君はスマートフォンのカメラで遊ぶのが大好きだった。しかし今回は画面に映った自分を眺めていただけではなかった。

間もなくゴールデンさんのもとにフードデリバリーサービスのドアダッシュから、注文処理に時間がかかっているという通知が届いた。ゴールデンさんは学校に通う2人の子どものために、ドアダッシュでランチを注文することがある。しかしこの日は弁当を持たせていたため、不審に思った。

やがて家の前に1台の車が止まり、配達員が巨大なマクドナルドの袋を取り出した。

最初は配達員が配送先を間違えたのだろうと思ったが、「ふと、バレットが私のスマホで遊んでいたことを思い出した」とゴールデンさん。「スマホを見てみると、息子が私のスマホで遊んでいた時刻に注文が出されていた」

実はゴールデンさん一家は全員、チーズバーガーが好きではなかった。そこでチーズバーガーを無料で進呈するとフェイスブックで告知すると、妊娠中だという女性が6個欲しいとやって来たという。残りのバーガーは近所にも配って回った。

金額の合計は91.71ドル(約1万1700円)だった。バレット君は「本当に気前良く」、25%のチップを上乗せしていた。

この出来事が話題になってゴールデンさん親子は20日にマクドナルドに招かれ、マスコットとの写真撮影やチキンナゲットを楽しんだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]