伊カタコンベに埋葬された子どものミイラ40体超、英研究者らが本格調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリア南部シチリア島にある地下墓所の41人の子どもの遺体について研究が開始される/Stefano Montesi/Corbis/Getty Images

イタリア南部シチリア島にある地下墓所の41人の子どもの遺体について研究が開始される/Stefano Montesi/Corbis/Getty Images

(CNN) イタリアのシチリア島にある修道院の地下墓所(カタコンベ)では、子どもの遺体数十体がミイラ化されて埋葬されている。科学者らのチームがその理由を探っており、子どものミイラに関する初の包括的な研究を英国のスタフォードシャー大学で生物考古学の准教授を務めるカースティ・スクワイアーズ氏が率いている。来週からは現地調査が開始されることになっている。

シチリア北部のパレルモにある不気味な観光地「カプチン会のカタコンベ」で、研究者らは子どもたちのために割り当てられた部屋に埋葬された遺体41体を分析する。その一方、この地下墓所では、計163体の子どもの遺体が埋葬されているという。

スクワイアーズ氏は6日、CNNの取材に対して、「個々人の生活、健康、成長について理解してみたいと思っている」と述べ、「我々はまたその点から、生物学的なデータとより文化的な物事の側面を比較したい」と話した。

スクワイアーズ氏は、ミイラは全体に服が着せられ、一部のものは揺りかごや椅子に置かれたり、姿勢を保つために棒を使って直立させられたりしているという。研究者らはこうした人工物が用いられた理由の意義について調べることになっている。

1787年~1880年に埋葬され、少なくとも1284体に上る欧州最大のミイラ化した遺体群を構成しているこの子どもたちについて、ほとんど何も分かっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]