その数1306本 生物で最多の脚を持つヤスデ、豪州で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語名の由来通り1000を超える脚を持つヤスデがオーストラリアで発見された/Marek et al. 2021

英語名の由来通り1000を超える脚を持つヤスデがオーストラリアで発見された/Marek et al. 2021

(CNN) ヤスデが持つ多数の脚は、それこそがこの動物をイモムシや昆虫とも違うものとして特徴づけている。

だが、英語名「millipede」がラテン語で「1000本の脚」という意味を持つにもかかわらず、750本超の脚を持つヤスデは発見されていなかった。これまでのところは──。

16日付の科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された論文によると、1000本超、正確に言えば1306本の脚を持ち、地球上に現在生息する動物の中で最多の脚を持つヤスデが、米国およびオーストラリアの科学者らによって発見された。

このヤスデが生息していたのは、西オーストラリア州で鉱物探査のために掘削された穴の地下60メートルの地点だったという。

目を持たないこの無脊椎(せきつい)動物は全長9.5センチ、幅1ミリで、330の体節、触覚、餌を口にするための吻(ふん)、コーン型の頭部で構成される。

論文の著者であるバージニア工科大学昆虫学部のポール・マレク准教授は取材に対して電子メールで、「まるで3インチ(約7.6センチ)の細い糸(だが1306本の脚が付いている)をシャツから引き抜いたようなもの」と説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]