クリスマスツリーに潜んだ毒ヘビ発見、飼い猫が気づく 南ア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅のクリスマスツリーに毒ヘビ、業者が捕獲 南ア

(CNN) 南アフリカの民家でこのほど、夫婦がクリスマスツリーの飾りの間に潜んだ毒ヘビを発見する出来事があった。見つかったのはアフリカ有数の猛毒を持つヘビだったが、2人はただちに捕獲業者を呼んで事なきを得た。

ロブ・ワイルドさん(55)とマルセラ・ワイルドさんは10日、ツリーの飾り付けを終えた数時間後、飼い猫が枝を凝視しているのに気づいた。

ロブさんは英国人の株式市場トレーダーで、コスタリカ人の妻と一緒に18年前に南アに移住にした。14日のCNNの取材に「猫たちがツリーをじっと見ていたので、妻は『多分どこかにネズミがいるのね』と話していた」と振り返った。

ヘビが発見された南アフリカ西ケープ州の自宅に住むワイルドさん一家/Rob Wild
ヘビが発見された南アフリカ西ケープ州の自宅に住むワイルドさん一家/Rob Wild

だが夫婦は間もなく、ネズミとは相当異なる動物がこちらを見ているのを発見した。毒ヘビのブームスランだった。

「この時点では何の種類か分からなかったが、自宅周辺に生息するヘビをグーグル検索したところ、すぐにブームスランだと判明した。『なんてことだ。毒ヘビの王様じゃないか』と思った」とロブさんは振り返る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]