若い星団の中に隠れたブラックホール発見、近隣の銀河に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小さなブラックホールとその周囲を回る恒星の想像図/M. Kornmesser/ESO

小さなブラックホールとその周囲を回る恒星の想像図/M. Kornmesser/ESO

(CNN) 天の川銀河に近い大マゼラン雲で、数千個の恒星からなる星団の中に隠れていたブラックホールを発見したと英国などの研究者が発表した。

このブラックホールは地球から約16万光年の距離にあり、質量は太陽の11倍ある。

研究者らは南米チリにある欧州南天天文台超大型望遠鏡を使い、ブラックホールが近隣の恒星の動きに与える影響を観察した。この恒星の質量は太陽の約5倍。

誕生から約1億年の若い恒星の集団で、こうした方法でブラックホールを見つけたのは初めて。これにより、今後天の川銀河や他の銀河で隠れているブラックホールを見つけるのが容易になる可能性がある。

この発見は学術誌「王立天文学会月報」で発表された。

論文の筆頭著者でリバプール・ジョン・ムーア大学の研究者、サラ・サラチーノ氏は「シャーロック・ホームズが犯罪組織をその犯したミスから追い詰めていくように、我々も拡大鏡を片手に、直接見ることができないブラックホールの存在の証拠を探そうとしている」と語る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]