豪男性、「プランク」の姿勢で9時間半のギネス新記録 慢性疼痛を乗り越え

このほど、「プランク」の姿勢でギネス記録を樹立したダニエル・スカリさん(28)/Courtesy Guinness World Records

このほど、「プランク」の姿勢でギネス記録を樹立したダニエル・スカリさん(28)/Courtesy Guinness World Records

(CNN) オーストラリア南部の都市アデレードで先月、左腕に慢性の痛みを抱える男性が、うつ伏せの状態でひじとつま先を地面についた「プランク」の姿勢を9時間30分1秒続けて、ギネス世界記録を更新した。

ダニエル・スカリさん(28)は12歳の時にトランポリンから落ちて腕を骨折してから複合性局所疼痛(とうつう)症候群(CRPS)を発症し、絶え間ない痛みに耐えてきた。「痛みは今も続いているが、痛みに対する自分の態度が変化した」と話す。

昨年11月に初めてプランクの姿勢を取った時はわずか2分間しかもたず、「その2分が一生のように思えた」という。

1月になってギネス記録への挑戦を思い立ち、コーチの指導を仰いだ。痛みを和らげるため、左腕に常時着けているサポーターも助けになった。

それでもプランクの最中につらい時間帯はあったが、「自分を見ている人がいる。もっと重い病気と闘っている人もいる」と、歯を食いしばった。「どんな痛みがあっても、どんな問題を抱えていても、これがやりたい、きっとできると思うことがあったら挑戦するべきだと、人々に伝えたかった」と語る。

スカリさんは今後は、CRPSへの関心を高める運動に専念するつもりだという/Courtesy Guinness World Records
スカリさんは今後は、CRPSへの関心を高める運動に専念するつもりだという/Courtesy Guinness World Records

これまでの世界記録は、米国の元海兵隊員ジョージ・フッドさん(62)が昨年達成した8時間15分15秒だった。

スカリさんは1回目の挑戦で9時間9分を記録したものの、姿勢に問題があったとして無効になっていた。ギネス記録を更新した今、次はどんな記録に挑むかとよく聞かれるが、今はCRPSへの関心を高める運動に専念するつもりだと話す。これまでにプランクを通し、慢性疼痛の患者を支援する豪団体「ペインオーストラリア」のために1万9223豪ドル(約155万円)の資金を集めたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]