警察の家宅捜索で発見された翼竜の化石、これまでで最も完全な骨格と判明 ブラジル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1億1500万年前のブラジルにいたとみられる巨大なとさかを持つ翼竜の想像図/Courtesy Victor Beccari

1億1500万年前のブラジルにいたとみられる巨大なとさかを持つ翼竜の想像図/Courtesy Victor Beccari

(CNN) ブラジルの警察当局による家宅捜索で発見された化石が、翼竜のものとしては最も完全な標本だったとする研究結果が25日、米科学誌「プロスワン」で発表された。この化石が、約1億4500万年~約1億50万年前の白亜紀初期において大空を飛翔(ひしょう)した翼竜について、新たな知見をもたらした。

この翼竜は頭部に巨大なとさかを持つことで知られ、ブラジル国内では頻繁に化石が見つかるものの、たいていの場合は骨格の一部のみだった。

新たに発見された化石は、トゥパンダクティルス・ナビガンスと呼ばれる翼竜類のもので、軟組織の一部を含むほぼ全身の骨格が残されていた。

また、サンパウロのサントス港で2013年に実施された警察の捜査で押収されたもので、石灰岩の石板6枚にまたがっている。

サンパウロ大学に所属する古脊椎(せきつい)動物学者で、論文の執筆者であるビクトル・ベッカリ氏は、「ブラジル連邦警察が化石取引の事業について捜査し、13年に3000件超の標本を回収した」と説明。

「ブラジルでは化石が地質学的な遺産を成すとして、法律によって保護されている。それゆえ、化石の収集には許可が必要であり、化石の取引および私的な収集は違法となる」と話した。

同大学に石板が移送された後、研究者らは化石を把握するためにパズルのように組み合わせ、岩石の内部にある骨格を見つけるべくCTスキャンを実施。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]