16年前の麻薬密売人、弁護士に就任 支え続けた判事の前で 米ミシガン州

かつて犯罪者として判決を受けた同じ裁判所で弁護士に就任したマーテルさん(左)/Perkins Law Group

かつて犯罪者として判決を受けた同じ裁判所で弁護士に就任したマーテルさん(左)/Perkins Law Group

(CNN) 米ミシガン州ウェイン郡の裁判所で5月28日、1人の新任弁護士の就任式が行われた。スーツ姿のエドワード・マーテルさん(43)は、ブルース・モロウ判事の前に立ち、片手を挙げてミシガン弁護士会の弁護士に宣誓就任した。

16年前、同じウェイン郡の裁判所で、マーテルさんはモロウ判事の前に立ち、コカイン販売と製造にかかわった罪を認めていた。

当時27歳だったマーテルさんは、麻薬のおとり捜査で逮捕・起訴され、20年の禁錮を言い渡される可能性もあった。ところが思いもかけず言い渡されたのは、3年の執行猶予と励ましの言葉だった。この言葉がマーテルさんの人生を変えた。

「モロウ判事は変わった人だとすぐに気付いた」とマーテルさんは振り返る。「法廷に入って見ていると、彼が被告人を本当の人として扱っていることに気付いた。ああ、この裁判官は違う、と思った」

モロウ判事からかけられた言葉は一生忘れないとマーテルさんは言う。「あなたはこんな所でドラッグを売っている必要はありません。あなたは素晴らしいものを持っています。課題を出しましょう。フォーチュン500社のCEO(最高経営責任者)になりなさい」

裁判所を出たマーテルさんは、変わる決意ができていた。人生のもっと幸せな章に向けて。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]