手編みの「サンダース人形」落札、400万円を食事提供の団体に寄付

オークションに出品されたサンダース氏をかたどった人形が2万ドルあまりで落札された/Tobey Time Crochet

オークションに出品されたサンダース氏をかたどった人形が2万ドルあまりで落札された/Tobey Time Crochet

(CNN) 米民主党のバーニー・サンダース上院議員の大統領就任式での姿をかたどった手編みの人形が26日、ネット・オークションで落札され、収益を含む4万ドル(約410万円)あまりがボランティア団体に寄付された。

人形を制作したトビー・キングさんは、サンダース氏の熱心な支持者。就任式での画像がネット上で拡散し、同氏の選挙陣営が画像をプリントしたトレーナーをチャリティー販売していると聞いて、自身の人形をオークションサイトのイーベイに出品した。陣営と同じく、高齢者に食事を届けるボランティア団体「ミールズ・オン・ウィールズ(MOW)」に収益の全額を寄付すると表明していた。

人形のスタート価格は99セント(約100円)だったが、26日の締め切りまでに167件の入札があり、最終的に2万300ドルで落札された。

人形にはベンチもついて出品された/Tobey Time Crochet
人形にはベンチもついて出品された/Tobey Time Crochet

イーベイの報道担当者はCNNとのインタビューで、同社もキングさんの趣旨に賛同し、「より多くの人を助けるために」落札価格と同じ額を寄付すると表明した。

結果として、MOWには合計4万ドルあまりが寄付されることになった。

イーベイの幹部がオークション終了前に語ったところによると、サンダース氏は長年、MOWにとって最大の協賛者の一人になっているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]