バイデン米大統領、ワクチン2億回分の追加購入を表明

バイデン氏、ワクチン2億回分の追加購入表明

(CNN) バイデン米大統領は26日、新型コロナウイルスワクチンの供給を加速させる措置として、計2億回分を追加購入し、各州へ配布するペースを速める方針を明らかにした。

バイデン氏は、追加のワクチンを調達することにより、夏の終わりから初秋にかけての時期にはほぼ全人口にあたる3億人が接種を完了するとの見通しを示した。

同氏は新政権の新型ウイルス感染症対策を「戦時」に例え、「打倒に向けた国家戦略がある。それは包括的で、政治ではなく科学、否認ではなく事実に基づいた詳細な戦略だ」と強調した。

新たな計画では、ファイザー製とモデルナ製のワクチンをそれぞれ1億回分ずつ追加する。両社は生産体制を強化していて、今夏には追加分が供給されるという。

米国民への供給量は、当初予定の計4億回分から6億回分まで拡大されることになる。両社のワクチンは1人につき2回接種する必要がある

バイデン氏はさらに、各州と先住民居留地、海外領土への供給ペースを、現在の週860万回分以上から1000万回以上に引き上げると発表した。ホワイトハウスが出す供給予測の範囲も、現行の1週間先から3週間先に延長する。

新政権で新型ウイルス対策の調整役を務めるジェフ・ザイエンツ氏が26日午後、各州知事らとの電話会議で、供給量を来週から増やすことを伝えた。

米疾病対策センター(CDC)によると、米国では26日午後までに約2270万回分のワクチンが接種され、約330万人が2回目の接種を済ませた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]