米男性、宝くじで今年2度目の大当たり 計1570万円獲得

米ネブラスカ州の男性が、宝くじで今年に入って2度目の最高額当選を果たした/Nebraska Lottery

米ネブラスカ州の男性が、宝くじで今年に入って2度目の最高額当選を果たした/Nebraska Lottery

(CNN) 米ネブラスカ州ノーフォークに住む男性がこのほど、宝くじで10万ドル(約1050万円)の賞金を獲得した。3月にも5万ドルの宝くじを当てており、今年に入ってから2度にわたって高額賞金を手にする幸運に恵まれた。

マイケル・クリスティアンセンさんは今月15日、「20X ザ・マネー・スクラッチ」と呼ばれる宝くじで当てた賞金10万ドルを、同州の宝くじ運営に携わるネブラスカ・ロッタリーのオフィスで受け取った。3月に別の宝くじ「マネー・クリップ・スクラッチ」で5万ドルの賞金を当てた際にも、同じ場所に受け取りに来ていた。

クリスティアンセンさんはプレスリリースの中で、今年に入って2度大当たりを出したことについて「信じられない」「確率で言うとどのくらいだ? 現実だとは思えなかった」と話した。

当たりくじはどちらも、ノーフォークにある同じ酒屋で購入したという。

賞金をどう使うか尋ねられたクリスティアンセンさんは、新しいガレージを建てたいと回答。金額の一部は退職後のためにとっておきたいとしつつ、最近亡くなった娘の住んでいた家を購入する意向も明らかにした。

クリスティアンセンさんが当てた10万ドルと5万ドルは、ともに当該の宝くじの最高賞金額。ネブラスカ・ロッタリーによると、どちらの賞金についても当選確率は8万分の1だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]