50歳以上の女性、腹部に脂肪多めなら認知症リスク39%増 新研究

50歳以上で腹囲が平均値を上回る人は将来認知症にかかるリスクが高いという/Shutterstock

50歳以上で腹囲が平均値を上回る人は将来認知症にかかるリスクが高いという/Shutterstock

(CNN) 50歳以上で腹囲が平均値を上回る人は10~20年後に認知症にかかるリスクがそうでない人と比べて高い――。そうした調査結果がこのほど、疫学関連の科学雑誌に掲載された。女性の場合は39%増と、特に著しいリスクの上昇がみられたという。

肥満と認知症との関係を検証するため、研究者らは英国の50歳以上の6582人を対象に調査を行った。それぞれの対象者の体格指数(BMI)と胴回りの数値、認知症の診断記録を15年にわたって追跡したところ、女性の場合、腹囲が平均以上だと15年以内に認知症になるリスクがそうでない人と比較して39%高くなることが分かった。

男女合わせたリスクの増加率は28%だった。

ニューヨーク・プレスビテリアン病院のアルツハイマー予防クリニックを統括するリチャード・イザクソン博士は「おなかのサイズが大きくなると、脳の記憶中枢が小さくなることが過去の研究で示されている」「今回の新たな研究は従来の結果を裏付けるものであり、胴囲の拡大と認知症リスクの上昇を関連付けたという点で重要だ。とりわけ女性にその傾向が強い」と述べた。同博士は研究に関与していない。

調査では、高血圧や糖尿病、喫煙、アルツハイマー病と関係があるApoE遺伝子といった認知症リスクに影響を及ぼすとみられる要因を排除した。

認知症を発症した対象者が当該の診断を受けたときの平均年齢は71.8歳。一方、認知症を発症しなかった人たちが調査に参加した時の平均年齢は61.9歳だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]