ネズミ食べすぎた肥満フクロウ、飛べなくなって保護 英国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
餌を食べすぎて飛べなくなったとみられるフクロウ/courtesy Suffolk Owl Sanctuary

餌を食べすぎて飛べなくなったとみられるフクロウ/courtesy Suffolk Owl Sanctuary

(CNN) 英イングランド東部サフォークで、飛べなくなったフクロウが通行人に見つかって保護された。調べた結果、このフクロウはネズミを大量に食べて太り過ぎになっていたことが分かり、保護施設でダイエットさせられる羽目になった。

保護されたのは小型のフクロウの仲間、コキンメフクロウのメスで、排水路の中でずぶ濡れになって動けなくなっているのを通りがかった人が見つけ、今月3日、フクロウ保護施設に救助された。

同施設は当初、飛べないのはけがをしているか、体が濡れたためだと思っていたという。

ところが体が乾き、けががないことが確認されてもまだ、うまく飛べない様子だった。

ペットとして飼われていた可能性も考えたものの、ペットのフクロウに与えられる一般的な餌よりも、野生のフクロウが捕食する餌を好んで食べたことから、飼育されていた可能性は低いと判断した。

「徹底的に調べた結果、何も問題はないことが分かった。ただし異常に太り過ぎだったことを除けばの話だが。このフクロウはものすごいぽっちゃり系だった」。施設長のルーファス・サムキン氏はそう語る。

このフクロウは、同施設にいる平均的なメスのフクロウに比べても体が相当大きく、特に大腿部や腹部の周りに大量の脂肪が堆積(たいせき)していた。

発見された場所を調べたところ、野生のネズミが大量に繁殖していたことが判明。「つまり、彼女は過度な暴食にふけり過ぎて丸々と太ったところで体が濡れ、肥満のあまり飛べなくなったのだと思う」(サムキン氏)

同施設はこのフクロウに2週間のダイエットをさせて健康な体重に戻し、発見された場所で27日に野生に戻した。「ダイエットが教訓になればいいのだが」とサムキン氏は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]