新型コロナウイルス、男性の精子から発見 性感染の可能性も 中国

新型コロナウイルスの痕跡が、感染症にかかった男性患者の精子から発見されたという/Misha Friedman/Getty Images

新型コロナウイルスの痕跡が、感染症にかかった男性患者の精子から発見されたという/Misha Friedman/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスは、患者の症状が回復し始めても男性の精子の中に残っていることがあり、性感染の可能性もあるという調査結果を中国の研究チームが医学誌JAMAに発表した。

研究チームは中国の流行がピークに達していた1月~2月にかけて、商丘市立病院で治療を受けた男性患者38人の検査を行った。

その結果、約16%は精子に新型コロナウイルスの痕跡があり、うち約4分の1は急性期、ほぼ9%は回復期の患者だった

「ウイルスはたとえ男性生殖器の中で増殖できなかったとしても、恐らくは精巣の免疫特権のために持続する可能性がある」と研究チームは解説する。免疫特権とは、免疫系がその領域に到達してウイルスを攻撃できない状態のこと。

エボラ熱やジカ熱などのウイルスも男性の精子から見つかっており、回復後数カ月たった男性から検出されることもある。

ただしウイルスがこうした形で感染できるかどうかは分かっていない。ウイルスの痕跡が見つかったとしても、そのウイルスに感染力があるとは限らない。

もしも将来的に新型コロナウイルスの性感染が証明された場合、患者はコンドーム使用などの予防策を検討する必要があるかもしれないと研究チームは指摘。「回復期の患者の精子の中で新型コロナウイルスが生きていれば、他人に感染する可能性があり、患者の唾液や血液との接触を避けるだけでは不十分かもしれない」と解説している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]