住宅地に体重180キロのクマ、注目よそに散歩 米ロサンゼルス

街中にクマ、住民よそにのんびり散歩

(CNN) 米カリフォルニア州ロサンゼルス郊外の住宅街に体重約180キロのクマが出没し、好奇心に駆られた住民たちに後をつけられながら、のんびりと街中を散歩した。

CNN系列局のKCALによると、クマは21日午前、ロサンゼルス郊外のモンロビアに迷い込んだ。

このニュースが伝わると、好奇心に駆られた住民たちがパパラッチと化してスマートフォンを片手にクマを追跡。しかしクマは一向に気にするそぶりを見せず、歩道や民家の庭、学校の校庭などを歩き回った。

住民の女性は「こんなに近くで見られるなんて」と興奮した様子。実際に、かなりの至近距離まで接近した住民もいた。それでもクマは、人を威嚇する素振りはまったく見せなかった。

クマは周囲の喧騒を気にかけていない様子だった/KCAL/KCBS
クマは周囲の喧騒を気にかけていない様子だった/KCAL/KCBS

やがてカリフォルニア州魚類野生生物局が出動してクマを麻酔で眠らせ、エンジェルス国有林に運んだ。

同局はこのクマについて、ただ空腹だっただけだろうと推測している。クマは餌を探してごみ出しの日に住宅地に姿を現すことがあるという。

実際に、モンロビアにクマが出没したのはごみ出しの日だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]