9歳少年がお手柄、あめ詰まらせたいとこをハイムリック法で救助 米

窒息しかけたいとこを正しい方法で救助、9歳少年 米

(CNN) 米テネシー州でこのほど、9歳の少年が、あめを喉に詰まらせたいとこの男の子を動画サイト「ユーチューブ」で見たハイムリック法で助ける出来事があった。

お手柄の少年はティモシー・プラーターくん。プラーターくんといとこは同州マクネアリー郡のロデオを訪問していた。プラーターくんはCNN系列局WREGの取材に対し、いとこが、大声を出して、足踏みをし、喉をおさえていたと、のどを詰まらせたときのことを振り返った。家族の人たちがいとこの背中をたたくなどしているのを目にしたが、間違ったやり方だったのがわかったという。

プラーターくんはハイムリック法についてユーチューブで動画を見ていたほか、窒息した人を助ける方法を図解した、学校の食堂にはられたポスターを覚えていた。

プラーターくんはいとこの背後に回ってハイムリック法を試すと、いとこの口からあめが飛び出てきたという。

教員はWREGの取材に対し、子どもたちがポスターを見たり内容を理解したりしているかどうかは知らなかったとしながらも、「この小さなポスターがいとこの命を救ったと考えるのは素晴らしいこと」と語った。教員によれば、ポスターはプラーターくんよりも古いもので、14年前から掲示されていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]