ISSから見た「しぶんぎ座流星群」、米NASA飛行士が写真を投稿

ISSから「しぶんぎ座流星群」を捉えた画像が投稿された/Christina H Koch/Twitter

ISSから「しぶんぎ座流星群」を捉えた画像が投稿された/Christina H Koch/Twitter

(CNN) 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)のクリスティーナ・コック飛行士が、年明けの「しぶんぎ座流星群」を宇宙から撮影した画像をツイッターに投稿した。

コック飛行士が2020年代最初の流星群として公開した合成写真には、大気圏に突入して明るく光る数個の流星と、同時に観測されたオーロラが写っている。

しぶんぎ座流星群は三大流星群の一つとして知られ、毎年1月初めに活動のピークを迎える。

コック飛行士は昨年12月、女性のISS連続滞在記録を更新した。これまでもISSから見た地球や自身の自由時間の様子など、多くの写真やビデオをソーシャルメディアに投稿してきた。今年2月には帰還することになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]