古代ローマの沈没船見つかる、積み荷は6千個のつぼ ギリシャ沖

6000個のつぼを積んだローマ時代の沈没船が発見された/Ionian Aquarium, Kefalonia

6000個のつぼを積んだローマ時代の沈没船が発見された/Ionian Aquarium, Kefalonia

(CNN) 地中海を航行中に沈没したとみられるローマ帝国時代の船舶の残骸が、考古学者らの調査チームによって発見された。船の全長は35メートルで、地中海東部で見つかった沈没船としては過去最大。ワインなどを入れる容器6000個を積んだまま、2000年間海の底に眠っていたことになる。

船の年代は、紀元前100年から紀元後100年の間にさかのぼる。ギリシャ西部沿岸に浮かぶイオニア諸島の1つ、ケファロニア島沖の深さ約60メートルの海底で見つかった。ギリシャのパトラス大学の調査チームが音波探知機を使用して存在を突き止めた。発見についての論文が考古学の学会誌に掲載されている。

船は地中海全域で発見された沈没船の中で4番目の大きさ。この時代の船の多くは全長15メートルほどだったことを考えると、同船のサイズは特筆すべきものであることが分かる。積み荷としてワインやオリーブ油を入れるのに使用した「アンフォラ」と呼ばれる取っ手付きのつぼ6000個も見つかっている。

論文の中で研究者らは、積み荷の保存状態が非常に良好のようだと指摘。また、船を調べることで当時の航路や貿易の状況、造船技術、船体への積み荷の積載方式など、あらゆる情報が得られる可能性があると期待を寄せている。

積み荷の状態は良好だという/Ionian Aquarium, Kefalonia
積み荷の状態は良好だという/Ionian Aquarium, Kefalonia

一方でパトラス大学のジョージ・フェレンティノス氏はCNNの取材に答え、沈没船を引き上げるのは「非常に困難でコストがかかる」との認識を示した。このため調査の次の段階としては「アンフォラを回収し、DNA技術によって中身が何だったかを調べる」としている。ワインやオリーブ油のほかナッツ類や穀物類を入れていた可能性があるという。

その後は出資者を募り、船の周辺をダイビングスポットにする計画も進める予定だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]