ギリシャ警察、1985年のハイジャック事件でレバノン人の男逮捕

1985年のハイジャック事件で男逮捕 ギリシャ

ギリシャ・アテネ(CNN) 1985年にトランス・ワールド航空(TWA)の旅客機が乗っ取られ、米兵1人が殺害された事件に関連して、ギリシャ警察が65歳のレバノン人の男をミコノス島で逮捕したことを明らかにした。

レバノン外務相によると、逮捕されたのはモハマド・サレハ容疑者。ギリシャ警察によれば、特徴がドイツの逮捕状の内容と一致していたことから保安検査で足止めされた。ドイツは1987年の誘拐事件についても同容疑者を指名手配していた。

在ギリシャ・レバノン大使館はサレハ容疑者が勾留されているシロス島の警察と電話で連絡を取り、同容疑者を弁護士や医師と面会させるよう求めている。代理大使は22日にシロス島を訪れて同容疑者と面会する。

警察の広報によると、サレハ容疑者は乗っ取り事件への一切の関与を否定しているという。

警察は警備が厳重なアテネの刑務所に同容疑者を移送し、ドイツの当局と連携して捜査を進める方針。

1985年6月14日に起きた乗っ取り事件では、アテネを出発してローマに向かっていたTWAの旅客機(ボーイング727型機)が乗っ取られた。

犯人グループはレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラと関係する集団だったと思われ、乗客100人以上を人質に取り、2週間かけて段階的に解放した。犯人グループは、イスラエルで拘束されていたシーア派のレバノン人の釈放を要求していた。

一部の乗客は暴行を受け、同便に搭乗していた米海軍の潜水士、ロバート・ディーン・ステザムさん(当時23)が殺害された。犯人グループは軍の身分証を見つけるとステザムさんを縛り上げて激しい暴行を加え、頭部を銃撃して遺体をベイルートの路上に投げ捨てた。テレビカメラがとええた映像は、全世界に放映された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]