クリスマスセーター、プラスチック汚染悪化の一因に 英調査

セーターに使われるプラスチック素材で海洋の汚染が悪化する可能性が高いという/Shutterstock

セーターに使われるプラスチック素材で海洋の汚染が悪化する可能性が高いという/Shutterstock

(CNN) クリスマスセーターのほとんどはプラスチックでできていて、世界の海で深刻化しているプラスチック汚染の一因となる可能性が大きい――。英環境慈善団体の「ハバブ」がそんな調査結果を発表した。

同団体は、人気店やネット通販など11店で販売されていたセーター108枚について、成分を調査した。その結果、95%にプラスチック素材が使われていることが分かった。

クリスマスセーターに使われるプラスチック繊維の中で最も多かったのはアクリルで、アクリル100%の製品は44%を占めていた。アクリルが使われているセーターは全体の4分の3に上った。

英プリマス大学の2016年の調査によれば、アクリル製品は洗濯するたびに約73万本のマイクロ繊維を放出する。この量はポリエステルや、ポリエステルと綿の混紡製品よりもはるかに多い。

これほど多くのアクリルが使われているクリスマスセーターは、海洋のプラスチック汚染を悪化させる可能性が大きいとハバブは指摘する。

同団体の推計によると、今年のシーズン中に英国内で販売されるクリスマスセーターは1200万枚。だが5枚中2枚は、今シーズン中に1回しか着用されないと予想している。

「ファストファッションは自然界を脅かす重大な脅威であり、プラスチックを多く含むクリスマスセーターは特に問題が大きい」と同団体は述べ、セーターは友人同士で交換するか、中古品を購入することを勧めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]