88歳の元兵士、少女襲った猛犬をクリスマスの装飾で撃退 米

88歳の元兵士、クリスマスの装飾で猛犬を撃退

(CNN) 米オハイオ州で、10歳の少女に襲いかかった飼い犬を、助けに駆け付けた88歳の男性がクリスマスの装飾の人形で撃退する出来事があった。男性は朝鮮戦争に従軍した経験のある元兵士だった。

CNN系列局のWOIOによると、少女を救ったのは同州ペリータウンシップに住むレナード・ミラーさん(88)。近所に住む13歳の少女が取り乱した様子でミラーさんの自宅に駆け込んできて助けを求め、妹が自宅で飼っているピットブルテリア犬に襲われていると訴えた。

すぐに近所の家に駆け付けたミラーさんは、床に倒れた少女が左腕を犬に噛(か)まれている場面に遭遇した。

ミラーさんはCNN系列局のWJWに対し、自分のバットを持って来る余裕がなかったので、プラスチック製のくるみ割り人形の装飾を途中で拾い、それを使って犬を撃退したと話している。

犬は最初、何度殴られてもひるまなかったが、背中を何度か殴るとようやく少女から離れたという。

一家の友人によると、少女はけがをして手術を受け、現在は回復に向かっている。

WJWは同州スターク郡の広報の話として、少女を襲った犬は25日に家族から同郡に引き渡されたと伝えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]