引退のFBI捜査官にサプライズ、新人時代に救った赤ちゃんと再会 米

引退のFBI捜査官、新人時代に救った赤ちゃんと再会

(CNN) 米連邦捜査局(FBI)で行われた特別捜査官の引退式典で、新人時代の捜査官によって赤ちゃんの時に命を救われた男性が登場するサプライズがあった。

CNN系列局WATEによると、トロイ・サウアーズさんは1997年、ワシントン州に現場配属されてまだ2カ月だった時に誘拐事件を担当した。

FBIによれば、事件では医師を装った女が男児を母親の病室から誘拐。その後、19時間にわたり捜索が行われた。サウアーズさんは小売店の裏で段ボール内に遺棄された赤ちゃんを発見した。

それから22年間、サウアーズさんは自身のキャリアを振り返る際、しばしばこの事件に言及した。引退に当たり、娘たちが父親に救われた赤ちゃんを探し始めたという。

引退式典が行われた9日、同僚はサウアーズさんのキャリアをまとめた映像を流した。赤ちゃんの写真が使われるのかと思いきや、そこに登場したのは成長して海兵隊伍長となったスチュワート・レンバートさん本人だった。

FBIによると、レンバートさんは5人のきょうだいと子ども時代を送り、高校在学中は軍の訓練過程などに所属した。現在は海兵隊に入って3年目だという。

「命を救ってくれた男性と対面できて興奮した」とレンバートさん。「自分が良い人生を送っている、これからも良い人生になる、と伝えることができてうれしかった。あの日の彼の尽力が違いを生み出した」

サウアーズさんは「私はだれであれ、自分より他者のために尽くしている人を誇りに思う」「彼が今まさにそれを行っているという事実により、あの事件は一層特別なものになった」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]