就寝中の少年の顔を噛む、逃げたクマの行方追う 米キャンプ場

米ユタ州のキャンプ場で就寝中の少年がクマに顔を噛まれた/WFTV/Bob Cross

米ユタ州のキャンプ場で就寝中の少年がクマに顔を噛まれた/WFTV/Bob Cross

(CNN) 米ユタ州の野生動物保護当局は11日までに、同州モアブ地域にあるキャンプ場に出没し、眠っていた13歳の少年の顔面を噛(か)んだクマ1頭を追跡していると報告した。

少年は右ほおや右耳を負傷し、搬送された病院で手当てを受けた。地元のCNN系列局KUTVによると、少年はクマの大きさについて自らと同じ程度と証言した。小さなクマだった可能性がある。

クマの襲撃は9日のことで、現場はデューイ橋キャンプ場のコロラド川に沿った場所だった。同当局はフェイスブック上で、米農務省野生動物保護局と協力、犬を出動させ、わなを仕掛けたりしてクマの捕獲に努めていると報告した。

同川沿いの砂地部分でクマの足跡などが見つかった。今回、人間を襲ったことから見つけた場合、安楽死処分にする予定。

今回の騒動を受け、同キャンプ場は閉鎖され、警告の標識が周辺に掲げられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]