米NY州議会、猫の爪除去禁止法案が通過 成立すれば全米の州で初

ニューヨーク州議会で、猫の爪除去手術を禁止する州法案が通過した/Leezel Tanglao/CNN

ニューヨーク州議会で、猫の爪除去手術を禁止する州法案が通過した/Leezel Tanglao/CNN

(CNN) 米ニューヨーク州でこのほど、猫の爪除去手術を禁止する州法案が州議会を通過した。アンドルー・クオモ知事の署名で成立すれば、全米の州として初めて爪除去手術が禁止される。

動物愛護団体ヒューメーン・ソサエティによると、猫の爪除去は引っかき防止のために行われる手術で、通常は指の先端の骨まで除去される。猫に不必要な苦痛を生じさせると動物愛護団体は訴え、ヒューメーン・ソサエティでは猫の健康に影響が出るなど差し迫った状況でない限り推奨しないとしてきた。

法案は、違反者に対して1000ドル(約10万8000円)以下の罰金を科す内容。ただし病気などの治療を目的とする場合は例外扱いとする。

法案を推進してきたリンダ・ローゼンタール州議員は猫の爪除去について、「指先の骨と、腱や筋肉の一部を除去する残忍な手術」と指摘、「ニューヨークが猫の爪除去を禁止する初めての州になろうとする中で、飼い主のソファやカーテンを守る目的でこの措置が提供される日数は残りわずかとなった」と述べている。

ローゼンタール議員はこれまでにも、猫や犬といったペットの店頭販売を規制する法案や、動物虐待者を記録する法案など、動物の権利に関係した法案を提出してきた。

爪除去禁止の法案に対しては、獣医師などから反対の声も上がっていた。ニューヨーク州獣医師会の声明では、「多くの医師は、猫が免疫関連の疾患や糖尿病、血友病にかかっているなど医学的な理由から、飼い主に爪除去手術を勧めている」とした。

猫の爪除去は複数の国のほか、デンバーやサンフランシスコなど米国内の複数の市も禁止している。カリフォルニア州議会にも同様の法案が提出されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]