「黒人学生を差別」と不買運動、大学に12億円の賠償命令 米オハイオ州

パン店によれば、不買を呼び掛けるチラシが配られたという/Tony Dejak/AP

パン店によれば、不買を呼び掛けるチラシが配られたという/Tony Dejak/AP

(CNN) 米オハイオ州の学生街にあるパン店が、黒人学生を差別したと非難され、抗議デモや不買運動で多大な損害を被ったと訴えていた裁判で、同州の陪審はこのほど、大学側に1100万ドル(約12億円)の支払いを命じた。

訴えを起こしていたのは、同州オーバリン大学のキャンパス近くに店を構えるギブソンズ・ベーカリー。同店では2016年11月、オーバリン大学の黒人学生3人がワインを不法に購入しようとした疑いなどで逮捕された。

訴状によると、大学の職員や学生らがこれを人種差別だと非難し、店の前で抗議デモを展開。さらに同店での不買を呼び掛けるチラシ数百枚を配った。

同店は仲介業者を通し、大学の食堂に商品を提供していたが、大学側はこの関係も断ち切ると発表した。商品の提供は3カ月後に復活したものの、同店は一連の抗議行動で名誉を傷つけられ、深刻な損害を被ったとされる。

逮捕された学生3人は17年8月、全員が窃盗未遂と悪質な不法侵入の罪を認めた。このうち1人は、未成年でありながら偽の身分証明書を使って酒を買おうとしたことを認め、店員の対応に人種差別的な動機はなかったと供述した。

陪審は7日、大学が同店の名誉と感情を傷付け、意図的に営業を妨害したとして、賠償金の支払いを命じた。

これに対して大学側は、学生らによる言論の自由や、安全で合法的な抗議行動を保障したにすぎないと主張している。大学が上訴するかどうかは明らかでない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]