スーツケース開けたらヘビがいた、靴に入って豪州から英国へ

女性のスニーカーの中で見つかったヘビ/ Scottish SPCA

女性のスニーカーの中で見つかったヘビ/ Scottish SPCA

(CNN) オーストラリアから帰国してスーツケースを開けると、スニーカーの中で生きたヘビがとぐろを巻いていた――。英スコットランドの女性がこのほど、そんな出来事に遭遇した。

スコットランド在住のモイラ・ボクソールさんは、オーストラリアのクイーンズランド州発グラスゴー行きの便に搭乗。21日の到着後にスーツケースを開けたところ、ヘビが紛れ込んでいるのを発見した。

ヘビはスニーカーの中でとぐろを巻き、長時間の旅の間に脱皮まで始めていた。

ボクソールさんは動物保護団体のスコットランドSPCAに連絡を取り、SPCAの担当者が駆けつけてヘビを捕獲した。

SPCAによると、オーストラリアの休暇から戻った女性がスーツケースの靴の中にヘビを見つけ、SPCAに電話した。調べた結果、毒を持たないマダラニシキヘビだったことが分かったという。ヘビは現在、エディンバラにあるSPCAの施設で隔離されている。

ヘビは隔離された/Courtesy Paul Airlie
ヘビは隔離された/Courtesy Paul Airlie

ヘビが旅客機に紛れ込む騒ぎは今回が初めてではない。2016年にはアエロメヒコ航空の機内でヘビが乗客の頭上に垂れ下がって大騒ぎになり、12年にはエジプト航空便の機内で爬虫(はちゅう)類をこっそり持ち込んだ男性がヘビに噛まれて同機が緊急着陸を強いられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]