英首相、EU離脱案の採決を延期 3月12日が新たな期限に

メイ英首相がEU離脱案の採決を延期する考えを示した/Chris J Ratcliffe/Getty Images

メイ英首相がEU離脱案の採決を延期する考えを示した/Chris J Ratcliffe/Getty Images

ロンドン(CNN) 英国のメイ首相は24日、下院で27日に予定されていた欧州連合(EU)離脱案の採決を延期すると発表し、来月12日を新たな期限とする考えを示した。

下院では先月末、メイ氏が昨年11月にEUとの間で合意した離脱協定案の修正を求める案が可決されていた。メイ氏はEUと再交渉して協定案を修正し、27日に下院で採決にかける予定だったが、再交渉は進展していない。

英国のPA通信とロイター通信によると、同氏は24日、エジプト・シャルムエルシェイクでのEU・アラブ連盟首脳会議へ向かう機内での会見で、26日にはブリュッセルへ出向いてEU側との交渉を続けるため、今週の採決は延期することになると述べた。そのうえで「3月12日までには採決を実施する」と明言した。

これに対し、英野党・労働党からはメイ氏を「無責任極まりない」「自分の案か『合意なき離脱』かの選択を議員に迫っている」と非難する声が上がった。

EU基本条約に基づく離脱期限が3月29日に迫るなか、メイ氏がEUと英国内の双方から承認を得られず、合意なき離脱が現実となる可能性は高まっている。

しかしメイ氏は、期限までに合意成立のうえで離脱することは可能だと改めて主張し、「我々はそのために努力しているのだ」と述べた。

英下院ではEU離脱をめぐり、労働党8人、与党・保守党3人の議員がそれぞれ離党して新たなグループを結成。23日にはメイ政権の閣僚3人が英紙デイリー・メールへの寄稿で、合意なき離脱を回避するために離脱を延期するべきだと訴えた。労働党のブラウン元首相も、24日付の英紙サンデー・ミラーで離脱延期を主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]