ペンギンの同性カップルが育てるひな、雌と判明 豪水族館

ペンギンの同性カップル「スフェン」と「マジック」に育てられているひな「スフェンジック」/Courtesy SEA LIFE Sydney Aquarium
写真特集:ペンギンの同性カップルが育てるひな

ペンギンの同性カップル「スフェン」と「マジック」に育てられているひな「スフェンジック」/Courtesy SEA LIFE Sydney Aquarium

(CNN) オーストラリア・シドニーのシー・ライフ・シドニー水族館で同性カップルのペンギンが育てているひなの性別は、雌だということが分かった。水族館が21日までに発表した。

同水族館のペンギン飼育員はCNNトラベルとのインタビューで「世界中から来園する人々が気にかけ、大きな関心を寄せてくれるのはとてもうれしいこと」と話した。

ジェンツーペンギンのスフェンとマジックは雄同士のカップル。昨年から仲良く一緒に行動していた。繁殖期に別のペンギンが産んだ2つの卵のうち1つを託したところ、2羽は力を合わせてこの卵を温め、昨年10月19日に体重91グラムのひなが誕生していた。

雄と雌のひなは外見がよく似ていて、性別は生後2カ月ほどで血液検査をするまで確認できない。父親と母親は巣作りや子育てを平等に分担する習性があるという。

生まれたひなには、スフェンとマジックの名前を取って「スフェンジック」というニックネームが付けられた。スタッフが現在、正式な名前を考えている。

今は泳ぎの練習中で、飛び込みを覚えたばかりだ。

同飼育員は「生まれた時の体重はりんご1個よりも軽かったが、今では5キロ以上とスイカほどの大きさに育った。スフェンジックは食べることが大好き」と話す。1日に800グラムほどのえさを食べるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]