3000万匹に1匹の希少なロブスター、鮮魚市場で見つかる 米

極めて珍しい模様を持つロブスターが、米東部の鮮魚市場で見つかった/Ocean City Seafood

極めて珍しい模様を持つロブスターが、米東部の鮮魚市場で見つかった/Ocean City Seafood

(CNN) 米東部メリーランド州で鮮魚市場を経営する男性が、仕入れた魚介類の中に珍しい見た目のロブスターが紛れているのを偶然発見した。殻がオレンジと黒のキャリコ柄(まだら模様)となっているこのロブスターは極めて希少な個体で、漁でとれるのは3000万匹中1匹の確率だという。

このメスのロブスターは昨年12月、メーン州から取り寄せた魚介類の中から見つかった。本来であればレストランへ売られて食材になるはずだったが、独特の模様が気になった市場経営者の男性はこれを売らずにとり置くことにした。

市場の広報担当者によると、男性はロブスターの希少性については認識していなかった。ただ自身との間にある種の絆を感じたのだとしている。

男性はボルティモアの水族館に連絡し、自ら「イブ」と名前を付けたロブスターがどれほど珍しい個体かを知ることになった。

メーン大学のロブスター研究所によれば、アメリカンロブスターの中には青色や黄色のほか体の半分で2色に分かれたもの、色素が欠乏したアルビノのロブスターなど珍しい見た目の個体がいるという。アルビノが見つかる確率はキャリコ柄よりさらに低く、1億分の1だという。

イブは現在、市場で特別な水槽に入れられ、寄贈される水族館が決まるのを待っている。前出のボルティモアの水族館に加え、ボストンやアトランタの水族館、さらには米国外にある複数の水族館もイブの飼育に関心を示しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]