故ブッシュ元米大統領、フィリピンの子どもを10年間支援 手紙もやり取り

ブッシュ元大統領は、慈善団体を通じてフィリピンの子どものスポンサーとなり、10年間にわたって教育費などの支援を続けていた/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

ブッシュ元大統領は、慈善団体を通じてフィリピンの子どものスポンサーとなり、10年間にわたって教育費などの支援を続けていた/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

(CNN) 11月に死去した米国のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領は、慈善団体を通じてフィリピンの子どものスポンサーとなり、10年間にわたって教育費などの支援を続けていた――。非営利団体のコンパッション・インターナショナルがこのほど、そんなエピソードを明らかにした。ブッシュ氏が仮名を使って相手の子どもとやり取りした手紙の一部も公開している。

ブッシュ氏が支援したのはティモシー君という男の子。7歳の時から10年間にわたって教育費や課外活動費、時には食費も提供していた。

同団体はブッシュ氏が送った手紙の一部をCNNに提供。ブッシュ氏の広報も、この手紙が本物であることを確認した。

ティモシー君に宛てた最初の手紙は2002年1月24日付けだった。

手紙には、「親愛なるティモシー 私はあなたの新しいペンパルになりたいと思います。私は年寄りで、77歳ですが、子どもが大好きです。まだ会ったことはなくても、もうあなたのことが大好きです。私はテキサス州に住んでいます。時々手紙を書きますね。幸運を。G・ウォーカーより」と記されていた。

子どものスポンサーになったきっかけは、2001年にワシントンで開かれたクリスマスコンサートだった。コンパッションの元代表、ウェス・スタフォード氏によると、コンサートの合間に支援活動について紹介したところ、聴衆の中にいたブッシュ氏が手を挙げて、パンフレットを求めたという。

ただ、支援しているのが米国の元大統領だと分かれば、子どもが狙われる恐れもある。そこで警護隊の要請により、ブッシュ氏の支援は匿名で行われることになり、手紙は全てスタフォード氏が目を通した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]