猛烈な寒さでウミガメ173匹死ぬ、54匹救出も 米東部

100匹超のカメ、寒さで死亡 米東部

(CNN) 米東部マサチューセッツ州で先週、強烈な寒さのために173匹のウミガメが死んだことが26日までにわかった。同州の自然保護団体「マス・オーデュボン」が明らかにした。

同団体幹部のボブ・プレスコット氏によれば、21日以降、メーン湾で227匹のウミガメが救出されたが、このなかで生き残ったのは54匹だった。同団体はこの時期、定期的に海岸をパトロールして寒さにやられたウミガメの監視活動を行っている。

しかし、今回の規模は予想を上回ったという。

プレスコット氏によれば、寒さに襲われたウミガメの一部は小型で、凍死するのに長く時間はかからなかったとみられる。

今回のウミガメの大量死について、プレスコット氏は地球温暖化の影響があるとの見方を示した。「メーン湾は2010年以前は冷たすぎてウミガメは入れなかった」という。

別の保護団体によれば、ウミガメの多くは、餌を見つけられる海域と産卵できる海域を移動するが、基本的には暖かい方に向かう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]