横向きで滑走路に進入、強風のなか着陸成功 英空港

強風のなか着陸成功

(CNN) 英ブリストル空港でこのほど、TUIエアウェイズのボーイング757―200型機が強風にあおられつつも、横向きで滑走路に進入して着陸する場面があった。

英国の一部地域は先週、暴風雨「カラム」の襲来で強風や嵐に見舞われていた。そこでブレンダ・ワシンク機長(35)は、カニの横歩きになぞらえた「クラビング」と呼ばれる着陸方法を採用。滑走路に着地する直前まで機首を風上に向け続け、着陸と同時に素早く正面に戻した。

英国在住の飛行機愛好家が動画投稿サイト「ユーチューブ」にこの様子を捉えた映像をアップ。着陸の際に主翼が強風にあおられて上下に揺れる様子や、他の航空機が着陸を試みながら断念する様子が捉えられていた。

TUIは声明で、機長を誇らしく思うと言及。悪天候下での着陸は「TUI航空のパイロットの高い技術力と十分な訓練」を示すものだと述べた。

ワシンク氏は2005年にTUIに入社し、17年に機長になった。今回の着陸時にはスペインのメノルカ島からブリストルに向かっていた。

ブリストル空港は2015年の定時発着率のランキングで上位に入っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]